響屋

響屋の家づくり

栃木県には、杉や桧といった良質な森林資源が豊富に育まれています。
佐野市(旧葛生町)は、日本有数の石灰の産地です。
地産地消をコンセプトに、木材は全て県産材を利用し、外壁や内装に漆喰を塗ります。
内装に使う漆喰には、鹿沼土を混ぜ調湿性能・空気清浄・消臭効果を高めています。
合板・ベニヤ板・集成材・ビニールクロスは一切使用せず、
接着剤や塗料・WAXも安全に配慮した製品を使います。
住まわれるご家族の健康はもとより、係わる職人の健康も大切にしたいと考えています。

住まいは家族が毎日生活をする空間です。
家族が愛着を持って大切にできる住まいは永持ちします。
将来住み継ぐ家族にとって普遍的な快適性を維持してゆくためにも、
地域で古くから親しまれている良質な自然素材を使い職人たちの確かな技術と経験を十分に活かし、
腕利きの設計力で家族の夢と未来をカタチにします。