響屋

『本物の木の家』10年目のモデルハウス随時公開

地産地消をコンセプトに合板やビニールクロスを使用せず、接着剤や塗料まで安全に配慮し、
栃木の「無垢の木と漆喰」で建てた響屋のモデルハウスは今年で10年を迎えた。
時の経過と共に味わいを増して行く様は、無垢材ならではの心地よさと温もりが感じられる。
例年10月中旬よりモデルハウスの薪ストーブに火が入る、
冬の暖房はこれ1台でおよそ40坪の家全体の暖が取れる。
薪ストーブの優しい温もりに包まれた響屋10年目のモデルハウスは随時公開中。(要事前予約)

見学ご希望の方は、こちらまで